2011年03月07日

江藤良人氏のソロアルバムに参加!

先日3/6に発売になりました
ドラマー江藤良人氏の
ソロアルバムに参加させて頂きました!

江藤さんと言えば、
orange pekoeの2ndアルバム"Modern Lights"から、
4thアルバム"Grace"までライブツアーや
レコーディングにと参加して頂き、
orange pekoeの音楽を
聴いてくれているかたにはおなじみだと思いますし、
各地で一緒に演奏し、たくさんの時間を一緒に過ごさせて頂きましたが、
このたびこうして新しいソロアルバムに参加させて頂き、
久しぶりの一緒に演奏でとても嬉しかったです。
江藤さんのグルーブとダイナミックな演奏は
今回も素晴らしく、さすがでございました。
とても楽しいレコーディングでした。
今回のコンセプトは
「江藤良人が3人のギタリストと繰り広げる三幕劇」
ということで、僕の他に中牟礼貞則さん、和泉聡志さんが参加されてます。
中牟礼貞則さんはジャズギターの巨匠であり、パイオニア的存在の方で
本当に素晴らしい演奏でございます。
僕も以前からとてもとても尊敬しており、
こうして同じCDにクレジットして頂き、
とても光栄に思っております。
また和泉聡志さんはずっと江藤さんと演奏とされていて、
歪んだソリッドなギターのサウンドがかっこいいです。
僕も以前からライブ現場で会ったり、
演奏を見に来てくれたり、僕も見に行ったりして、
このたびこうして同じCDでの機会を頂きとても嬉しく思ってます。
またベースにはorange pekoe、
また僕とデュオでの演奏でもおなじみでございます杉本智和氏です。
杉本さんとも久しぶりの演奏でございましたが、
やはりとても素晴らしい演奏でございました。

僕は今回参加させて頂いたアルバムでは
スティールギターとガットギターの2本の
アコースティックギターを曲によって弾わけ、3曲演奏いたしました。
「My Back Pages」
は言わずと知れたボブディランの名曲。
ガットギターを使用しました。
「Strawberry Fields Forever」
はこれまた言わずと知れたビートルズの名曲。
スティールギターを使用しました。
「Danny Boy」
はこちらもまたかなりの名曲で、
もともとアイルランドの民謡らしいです。
こちらもスティールを使用しました。
この3曲を僕なりのアレンジで
(曲によってはけっこう大胆にアレンジしているものもあります)、
ギタートリオで演奏しております。

プロデュースはおなじみテナーサックスの岡淳氏。
岡さんのレーベル、モックヒルからのリリースです。
また岡さんのソロアルバム
「Magnetic Moments」も同時発売されているみたいです。
岡さん初のストレートアヘッドなアルバムということで
こちらも必聴ですね!












posted by Kazuma at 02:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。